岩盤浴でかく汗

岩盤浴をはじめると、5分から10分で汗が流れ出します。スポーツやサウナの汗のようにベタベタした汗ではなくサラサラとした汗が特徴です。

サウナなどの汗は、汗といっしょに身体に必要なミネラルも一緒に排出し、上がった体温を下げるために気化熱を奪うためにベタベタした汗になります。

岩盤浴では身体に負担をかけずにゆっくりと身体の中か温め、体内の水分子を活性化させて発汗し、活発な新陳代謝を促すためにサラサラとした汗になります。

さらに、汗腺から水分の多い汗、皮脂腺から脂分の多い汗が混ざり合い天然のクリームが出来上がる
乳化作用により、汗がひいたあとでも肌はサラサラになります。

シャワーなどで洗い流さなくても大丈夫です。

岩盤浴の効果

■マイナスイオン効果
イオンとは、電気を帯びた小さな物質の事で、プラスの電気を帯びたプラスイオンと、マイナスの電気を帯びたマイナスイオンの2種類があります。

イオンのバランスによって体のコンディションが変化すると言われております。 現代社会では、プラスイオンに接する機会が多く、マイナスイオンが不足している状態なのです。

マイナスイオンには水の分子を細かくする効果があり、血液の浄化作用、自律神経の調整作用など、自然治療力を高める効果があると言われてます。

■遠赤外線効果
遠赤外線とは光(電磁波)です。目に見える光(可視光線)よりも長い波長を持つ電磁波のことを赤外線といい、さらに長い波長のものを遠赤外線といいます。

遠赤外線は熱線と言われ、熱的作用の強い光です。特に波長が4〜14ミクロンの波長帯を「育成光線」と呼び、人や動植物を構成している物質に共鳴運動を起こし熱を発生させます。

その遠赤外線効果により、岩盤浴を行うことによって身体の心から温まる事ができるのです。


ゲルマニウム温浴との違い

岩盤浴とは、45〜50度位に温めた天然の鉱石の上にバスタオルなどを敷いて横たわり身体を温める、お湯のいらない温浴法です。

45〜50度位に温めた岩盤からは人体に浸透しやすい波長(4〜14ミクロン)の遠赤外線が放出されます。
その遠赤外線によってサウナや普通のお風呂と比べて短い時間で身体の内部まで温めることができ、サウナ以上の発汗作用を得ることができます。
岩盤浴は、温かい石に静かに身体を横たえるだけの自然のチカラの低温サウナともいえます。



また、ゲルマニウム温浴は、41度〜43度くらいの温水に有機ゲルマニウムを溶かして、手と足だけを20分〜30分ほど入れたり、浴槽のお湯の中にゲルマニウムを溶かして入浴する方法です。
岩盤浴とゲルマニウム温浴は入浴方法が異なっています。


岩盤浴って?

■岩盤浴とは
42 〜 45 ℃位に温められた天然の鉱石の上にバスタオル等を敷いて横たわり、サウナ以上の発汗作用を得られる「お湯を使わないお風呂」の事を岩盤浴と言います。天然の鉱石の遠赤外線による温熱効果と、マイナスイオン効果で血行と代謝が促進され汗とともに老廃物が排出されます。

汗臭くない!
この汗は運動をしたときに出る汗とは異なり、汗特有の匂いもなく良質でサラサラしており、シャワーを浴びて洗い流す必要はありません。
岩盤浴に使われる石には、北海道の「ブラックシリカ」や九州の「天降石」、群馬県の「貴陽石」、富士山の「溶岩」、石川県の「医王石」、韓国の「麦飯石」、「天寿石」などの種類があり、マイナスイオンや遠赤外線を放出するという共通点があります。

■岩盤浴の効果
・ダイエット効果
・美肌効果
・神経痛
・腰痛・肩こり・リウマチの改善
・冷え性の改善
・疲労回復
・ガン予防と再発の防止
・ストレス解消
・アトピーの改善
・高血圧・低血圧の循環器系疾患
・不眠症の改善
・血液循環の改善
・老化防止
・体内浄化
以上の効果・効能があると言われています。

■岩盤浴の入浴方法
1. 入浴前に温かいお茶や水を飲み、発汗に伴う水分不足を補います。
2. 浴床の上にバスタオル等を敷きます。
3. 腹這いなって5分位入浴します(お腹を温めます)。
4. 仰向けになって10分位入浴します(背中側から温めます)。
5. 5分位、休憩室で休みます。この折、水分補給を忘れずに。
6. もう一回くらい入浴。無理は禁物です。充分発汗したらOKです。
7. 最後に、汗を拭いて着替えます。シャワーはお好みで。

岩盤浴に使用されている石

岩盤浴に使われる石には「玉川温泉の北投石」、「ブラックシリカ」、「天照石」、「ラジウム石」、「富士山の溶岩」などの種類があり、マイナスイオンや遠赤外線を放出するという共通点があります。

玉川温泉の北投石
“癒しの石”とも言われている北投石は国の天然記念物に指定されており、現在は採掘される事が禁止されている貴重な石です。
秋田県玉川温泉の泉質を作っているのが北投石です。

ブラックシリカ
ブラックシリカは不思議な鉱石で、半永久的に赤外線を放出します 。
ブラックシリカの遠赤外線は特に生体の細胞を活発にする作用が見られ、人体に吸収されると発汗を促し、血液、体液の循環を活発にします。

天照石
天照石は太陽光線の照射や自然の動的なエネルギーを吸収して電位を獲得し、遠赤外線を再放射する天然鉱石です。
二酸化珪素の含有量が極めて多く、現在は繊維に含んで衣料にされたり、テープにして医療用にも使われています。

ラジウム石
ラジウム石はラドンを発生させる鉱石。
カラダの組織内にラドンが吸収されるとイオン化作用により新陳代謝を促進し、血液の流れが良くなり中性脂肪・コレステロール・老廃物などを体外に排出します。

富士山の溶岩
富士山の溶岩は、熱を与えることによって遠赤外線を放出します。
この遠赤外線により身体を内側から温め、血行を良くし、脂肪の燃焼、肌細胞活性化などの効果が期待できます。

トルマリン鉱石
トルマリン鉱石とは、別名「電気石」と呼ばれ、地球上に数ある鉱物の中で唯一電気を帯びた鉱石です。外部から熱や圧力が加わることにより微弱な電気を流すことで知られています。

麦飯石
麦飯石とは、中国では古来より治癒効果のある薬石として使用されてきた石英班岩で、強い浄化作用とミネラル分容出力を持ち飲料水の改善にも使われています。また、温めることで多量の遠赤外線やマイナスイオンを放射する作用があります。

貴宝石
貴宝石とは、日本の南アルプスで最近発見された自然界で最高レベルの遠赤外線放射エネルギーと、マイナスイオン発生量を持つ天然鉱石です。


岩盤浴ブレスレット

岩盤浴ブレスレット岩盤浴ブレスレット


ゲルマニウム&ラジウムの
癒し効果で心も身体もリラックス。

ゲルマニウムが肌に触れることで、電子の移動が生じ、
身体の生体電流を整え、様々な体調不良に働きかけるといわれています。

近年ラジウム温泉を利用した湯治が話題になり、その中でも玉川温泉・二股ラジウム温泉・三朝温泉などが特に有名です。
ラジウムは、常にマイナスイオンを放出する性質を持っています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


家庭で楽しめる岩盤浴温泉―ホルミシス母岩で家族の健康がアップした

家庭で楽しめる岩盤浴温泉―ホルミシス母岩で家族の健康がアップした家庭で楽しめる岩盤浴温泉―ホルミシス母岩で家族の健康がアップした
景山 司 /荒井 孝
現代書林 刊
発売日 2006-06




玉川岩盤浴・三朝温泉のラジウム泉があなたの家で実現!ホルミシス、マイナスイオン、遠赤外線…。温泉博士が30年の歳月を費やし、ついに完成した驚きのセラミック盤。そのわずか30センチ四方のホルミシス母岩に秘められた、ものすごい健康パワーを徹底検証しました。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
景山 司
1947年、兵庫県に生まれる。京都大学文学部卒業後、出版社勤務を経て独立。現在、フリーランスのライターとして、ビジネスから医療まで幅広い分野で執筆活動を行っている。医学・健康関連では、特に生体防御としての免疫機能に着目、ガンの治療・予防から老化の防止まで、代替医療の面からその可能性を追究し、取材活動を続けている。ホルミシス母岩研究会会員

荒井 孝
1953年、東京理科大学卒業後、東京大学生産技術研究所研究生。日商岩井温泉施設合理化センター主任技師、千代田グラビア印刷社草加工場長などを経て、東京技営株式会社を設立し、代表取締役に就任。日本の温泉工学の基礎を確立し、全国各地の温泉開発に携わる。また、温泉の健康効果にも着目し、ドイツのクアハウス日本導入に先駆的な役割を果たす。近年は、21世紀にふさわしい温泉利用の企画開発に取り組んでいる。温泉のハード・ソフト両面に精通した、日本有数の温泉コンサルタント。財団法人日本健康開発財団技術顧問、日本温泉管理士会理事なども務める。理学博士、第一種公害防止管理者、温泉管理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


さらに詳しい情報はコチラ≫


毒だし発汗ダイエット―岩盤浴でラクちん美デトックス

毒だし発汗ダイエット―岩盤浴でラクちん美デトックス

インフォレスト 刊
発売日 2006-06




毒素を出してキレイになる「デトックス」発想は、今やダイエットの王道。リラックスしながら発汗できる話題の「岩盤浴」を中心に、無理なく行える毒出し法を紹介。関東近県の岩盤浴施設170件の詳細データ、特典付き。

ぜひぜひ
最近はまっている岩盤浴。ストレス解消、美容にはとてもいいです。私の場合はかなりの冷え性でしたが、岩盤浴でとてもよくなっている感じです。サウナより楽ですし、何よりもリラックス効果大です。ぜひお試し下さい。

岩盤浴に興味のある方におすすめです
今年になって岩盤浴に通うようになったのですが、 岩盤浴の効能をわかりやすく説明しているという印象です。
また岩盤浴施設が多数掲載されていたり、 岩盤浴の効果を高める方法も紹介されていたり、 実用的な情報が多いのも良いところです。

これは仕方ないのかもしれませんが、 やはり女性向けの内容が主体で、 男性向けの情報は少ないですね。
奥さんに買ってもらって、一緒に見るのが良いです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


足うら岩盤浴

足うら岩盤浴足うら岩盤浴


どんなにめんどくさがり屋さんでも、気がつけば健康になっている「足うら岩盤浴」。イオン鉱石を遠赤ヒーターで温めたマットに足をのせるだけ。キッチンやテーブルの足元に置いておけば、知らず知らずのうちにぽっかぽか。 足ツボも刺激されて無敵の体に!
足元から身体の芯まで温まると共にクリーンなイオン空気が身体と心を癒します。


さらに詳しい情報はコチラ≫


発汗健康法 岩盤浴の秘密―遠赤外線とマイナスイオンの驚くべきパワー

発汗健康法 岩盤浴の秘密―遠赤外線とマイナスイオンの驚くべきパワー発汗健康法 岩盤浴の秘密―遠赤外線とマイナスイオンの驚くべきパワー
五味 常明
ハート出版 刊
発売日 2006-07




若い女性を中心に大ブーム!
全国各地に広がる岩盤浴文化
なぜ岩盤浴は身体にいいのか?
“汗の専門医”がその秘密を医学的見地から検証した本邦初の書。
ダイエットや健康法だけでなく、正しい入浴法、岩盤浴の健全な発展への提言、全国の岩盤浴店舗・施設リストなど盛りだくさんの内容。

抜粋
ある年、北海道のテレビ局からの問い合わせで、私は岩盤浴と出会いました。
「今、北海道では、若い人の間でガンバンヨクというものがブームです。人気の秘密は気持ちのいい汗がかけるからです。これはどうしてでしょうか?」
さっそく私自身、岩盤浴を体験してみました。その結果は、汗の専門家の私が驚くほどの、実に気持ちのいい「サラサラ汗」でした。テニスやゴルフのあとでもかけないような汗です。
「岩盤浴は汗かき健康法として画期的な入浴法だ」
そう確信した私は、以来「ガンバンヨク」の素晴らしさや効用を多くのメディアで伝えてきました。そのためか、『岩盤浴の伝道師』などと揶揄されることもあります。岩盤浴の普及を心から願う私としては、皮肉としてではなく好意的に受け止めています。

しかし私は、岩盤浴を布教するつもりも、読者の皆さんを洗脳するつもりも毛頭ありません。なにしろ岩盤浴には、布教も洗脳もまったく必要ないからです。
岩盤浴は、一度でも体験すれば、その素晴らしさをまさに肌で実感して虜になってしまうからです。ことさら私などがフキョウ(布教)せずとも、自然にフキュウ(普及)してゆく、それほどいいものなのです。
しかし、岩盤浴が世間で正しく理解され、健全に発展していくには「とにかく素晴らしいから体験してください」では通りません。多くの人が新しい物事を受け入れるには、カラダだけでなくアタマでも納得できる理屈や理由が必要だからです。
「岩盤浴の伝道師」としての私に与えられた役目は、「なぜ岩盤浴でいい汗がかけるのか?」「いい汗は体にどんなメリットがあるのか?」「逆に、汗をかかないとどうなるのか?」「岩盤浴がなぜダイエットになるのか?」「岩盤浴では自然治癒力が高まるのか?」等の素朴な疑問に医学の立場からわかりやすく説明することです。そして、生まれたばかりの岩盤浴がしっかりと成長するために、正しい方向を示すことだと思っています。

岩盤浴は、日本で生まれた「入浴文化」として誇れるものでしょう。
岩盤浴の発祥は、秋田県の玉川温泉です。玉川温泉は、重い病気を患う人の湯治場として昔から有名です。
しかし、今、ブームとなっている「ガンバンヨク」には湯治のイメージはありません。全国の岩盤浴ブームをリードしてきたのは若い女性です。岩盤浴サロンのほとんどは、リラクゼーションやダイエットのためのウェルネス施設として利用されています。
私はそれでもいいと思います。
ただし、「優れた入浴文化」であるなら、子どもや高齢者も含めたもっと幅広い層の人々も利用できるはずです。岩盤浴は治療施設ではありませんので「○○の病気が治る」とか「××に効く」などの効能を謳うことはできません。しかし、本書で説明するように、岩盤浴の遠赤外線とマイナスイオンの相乗作用は、身体を芯まで温め、いい汗をかける体質をつくり、代謝力を高め、血行を盛んにして、体内の毒素も排出し、免疫力や自然治癒力を向上させてくれます。つまり、岩盤浴は、「デトックス」や「アンチエイジング」ともなるのです。
だからこそ岩盤浴は、決して若い女性だけの独占物ではなく、元気な人も健康がすぐれない人も、老若男女を問わず、手軽に利用できる「発汗健康法」なのです。
私は、近い将来、岩盤浴施設が全国の主要な都市の駅前にあまねく出現することを「予言」します。そのような岩盤浴は、「湯治のための岩盤浴」とは全く違った、新しい入浴文化としての「駅前岩盤泉」といってもよいでしょう。
岩盤浴が、一時的なブームを越えて根づいていくなら、汗をかけなくなった現代人にとって、今まで考慮もされなかった「発汗して健康になる」という新しい健康法が国民の健康増進に貢献してくれることでしょう。

この本は、これから岩盤浴を利用しようとする人、今まで以上に岩盤浴について知りたい人へのガイドラインとして書きました。さらにこの本をさきがけとして岩盤浴が浸透し、今後日本人の新しい生活文化となるなら、汗の専門医としてこれにまさる幸せはありません。


おすすめ
岩盤浴をやってみたい方におすすめです。私はかなりはまっていますが、冷え性や肩こり、腰痛に効く感じがします。ストレス解消にも大です。色々なお店や旅先でもできる快適な場所を探してみましょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。